【おすすめ日光みやげ】日光人形焼みしまや

1ヶ月ほど前に「チームプラオレ!」の動画を丸パクリして日光駅周辺食べ歩きをしてきました。

チームプラオレ !の企画を丸パクリして日光食べ歩きしてきた
栃木県に発令されていた緊急事態宣言は昨日付で解除されました。 緊急事態宣言中も不要不急ではない外出はしていたのですが、一応このブログのネタにするための外出は自重していたので、今日やっと解禁です。 とはいえ、栃木県による特...

チームプラオレ!の動画では、日光街道沿いの4店舗が取り上げられていましたが、私が行ったときは残念ながら4店舗目の日光人形焼みしまやさんだけ感染予防のために休業をされていました。

でまあ、もう営業再開されているだろうということで、今日再訪してみました。

みしまやさんは、日光彫の老舗・三島屋さんの一角にあります。

みしまやさんのご主人は三島屋さんの4代目の職人さんでもあるそうです。

みしまやさんの日光人形焼

人形焼といえば、東京の人形町発祥と言われるお菓子です。

もともと日光には人形焼はなく、みしまやさんのご主人が新しい日光名物として、日光彫の技術を活かして、日光をモチーフにした人形焼を開発されました。

日光東照宮の三猿や陽明門、眠り猫などをかたどった人形焼が売られています。

お品書き。

人形焼は1つから購入できます。

三猿を一種類ずつ詰めてもらうこともできます。

三猿詰め合わせの他に、一つだけ店内でいただくように買いました。

動画でまゆちが見ざるを選んでいたので、ラブライバー的にはやはり見ざるを選ばざるを得ません。

だいたいこんなサイズ感。

人形焼というとどらやきのようなふわふわ生地というイメージがありましたが、みしまやさんの人形焼は東京の人形焼より薄めで、表面がさっくりした味わい。

私はこういうさっくり生地のほうが好きです。

そしてあんこがおいしい。

北海道産の小豆に、砂糖だけでなく蜂蜜やもち米飴などを加えて作られているということで、砂糖だけのガツンとした甘さではなく穏やかな甘味で小豆の味も生きていて、これあんこだけでもいけるわーと思いながら食べました。

これはもう堂々日光の名物と言っていい味だと思いますね。

日光みやげとしてお勧めしておいてなんですが、時間が経つと生地のさっくり感がなくなるので、さっくり食感を味わいたいなら店内で焼きたてをいただくのがいいと思います。

日光人形焼みしまやの情報

住所 日光市石屋町440
営業時間 9:00~17:00
定休日 木曜日
支払い方法 現金
PayPay
au PAY
d払い
公式サイト https://www.nikko-n.com

タイトルとURLをコピーしました