JR日光駅・JR今市駅で日光線開業130周年キャンペーンを開催

今年はJR日光線の開業から130年になります。

日光線の始点となるJR宇都宮駅では8月にオープニングイベントが行われました。

本日11月1日からは、日光線の終点の日光駅、その手前の今市駅で130周年記念イベントが行われます。

JR日光線の歴史

明治維新を経た日本は急速な西欧化の時代を迎え、交通インフラの整備も急がれました。

明治14年=1881年、日本で初めての鉄道会社「日本鉄道」が設立され、東京を起点に関東各地に鉄道網が築かれていきます。

一方日光は、外国人によりリゾート地としての価値が見いだされ、多くの外国人が訪れるようになっていました。

そうした需要に応えるため、日本鉄道の設立から9年後の明治23年=1890年、宇都宮と日光を結ぶ日光線が開通されました。

明治39年=1906年、日清戦争・日露戦争において鉄道輸送の有効性を知った明治政府は、鉄道の軍事利用をすすめるなどの目的で鉄道国有法を制定。

翌年1907年に日本鉄道は国に買収されて国有の帝国鉄道となります。

1945年の終戦後、国有鉄道は米軍の統治下に置かれたのち、1949年に日本国有鉄道が発足。

1987年の国鉄分割民営化によってJRが発足。

日光線はその流れに伴って国有から現在のJR東日本の路線へとなりました。

日光駅貴賓室を特別公開

今回日光駅と今市駅では130周年として様々なイベント・キャンペーンが行われます。

その中でも目玉と言えるのが、日光駅の貴賓室特別公開です。

現在の日光駅駅舎は、大正元年=1912年に建設された二代目駅舎。

二階は一頭列車乗客用の待合室があり、こちらは「ホワイトルーム」として普段から公開されています。

しかし、皇族方がご利用になられた一階の貴賓室は通常非公開。

それが期間限定で公開されます。

公開日時は2020年11月21日(土)から23日(月)の9時から15時まで。

貴賓室は改札内にあるので、日光線への乗車、もしくは入場が必要となります。

日光線開業130周年キャンペーン一覧

○JR日光駅

貴賓室特別公開 11月21日~23日 9:00~15:00  
日光彫無料体験 11月22日 10:00~15:00 二階ホワイトルーム
中学生以上
先着順
鹿革クラフト無料体験 11月22日 10:00~15:00 二階ホワイトルーム
小学生以上
先着順
車両メンテナンス職場紹介・ワークショップ 11月22日 10:00~16:00 日光駅ツーリストインフォメーションセンター横
地元幼稚園児のぬり絵掲出 11月1日~23日   二階ホワイトルーム
フォトスポット 11月1日~23   日日光駅改札外コンコース
オリジナル記念シート「にこにこの誓い」配布 11月1日~23日   二階ホワイトルーム
にゃんまげと日光仮面によるお見送り 11月22日 9:15~11:15 日光駅1番線ホーム

○JR今市駅

日光杉並木を歩く今市ハイキング 12月11日・12日・13日

日光杉並木を歩く今市ハイキングは、JR今市駅を起点に二宮神社や杉並木、今市地区の酒造などをめぐるハイキングコースです。

予約の必要はなく、無料で参加できます。

特にガイドなどの先導もなく、人数が集まってからスタートするわけでもないので申し込みをしなくても勝手にコースを歩くこともできますが、受付をしてコースマップをもらうと、途中途中でマップの掲示により特典がつくのでお得です。

なお出発点はJR今市駅ですが、受付場所は道の駅日光 日光街道ニコニコ本陣の観光情報館になります。

受付時間は9時30分から11時30分。

マップのコースを全てまわる目安時間は4時間です。

詳しくは↓から。

【日光線開業130周年特別企画】日光杉並木を歩く今市ハイキング

タイトルとURLをコピーしました