東武日光線下今市駅からJR日光線今市駅までの行き方

先日JR日光駅を紹介する記事に、下今市駅からJR今市駅まで行ってJR日光駅に行ってみてはどうですかなんてことを書きました。

100年を越える建築遺産JR日光駅
東京・神奈川・埼玉方面から日光に行くには東武日光線が便利。 東京東部からはもちろんのこと、現在は池袋・新宿方面からもJRから東武線に乗り入れる特急が運行されているし、普通列車を使う場合でもJRで栗橋まで行ってから東武線に乗り換...

しかし、地元民じゃなければ下今市駅と今市駅の間のルートなんて知らないよねと思ったので簡単にルートもご紹介することにします。

もうとにかく寄り道せずに行きたいんじゃという人のための直行ルートと、時間に余裕がある人向けの寄り道ルートです。

一応ですね、バスで行くこともできます。

下今市駅を出て左側にある2番バス停から鬼怒川方面行きのバスが出ており、これに乗れば途中JR今市駅にも停まります。

ただ、本数が極端に少ないのであんまりおすすめできる方法ではないです。ルートも杉並木のほうからぐるっとまわっていくので、ヨーイドンで同時に出発しても、到着時間は歩いて行くのとそれほど変わりません。

東武線下今市駅からJR日光駅への直行ルート

駅を出たらまずコインランドリーの方へまっすぐ進みます。

そのままコインランドリーの横を直進。

突き当りを右折。栃木銀行と和菓子屋さんの間の道を進みます。

しばらく行くと小倉交差点があるので、信号を渡って直進。

ちなみに交差点の左方面には日光杉並木街道があります。

道を渡ってまっすぐ行けばJR今市駅です。だいたい10分ぐらいの行程です。

駅の近くにはお線香の青雲で有名な日本香堂の工場があり、マスクをしていてもお線香の香りが漂ってきます。

東武線下今市駅からJR日光駅まで寄り道ルート

時間に余裕があるときは、今市を散策しがてらJRまで向かうのもおすすめ。

下今市駅から寄り道しながら今市駅に向かうルートです。

下今市駅から出たら、右方向に見える白いフェンスの方へ進みます。

ゆるい坂を登ってまっすぐ。

突き当たったら左折。

玉垣に沿って進みます。

ほどなく報徳二宮神社の駐車場入口に出るので神社の境内に入ります。

そのまま通り過ぎるのもよし、神社をお参りしたり鳩に餌をやったりするのもありです(社務所で鳩の餌を売っています)。

神社の参道を大鳥居の方向へ。

大鳥居を出たら右折。正面に見える白い建物ほ方へ向かいます。

白い建物の横は、道の駅日光 日光街道ニコニコ本陣の裏口です。日光街道まで行かなくもこちら側から入れます。

日光街道ニコニコ本陣の商業施設「ニコニコマルシェ」では、日光土産や日光限定商品の他、地場野菜なども購入できます。また、そば屋、カフェ、ジェラートショップなどの飲食店も入っているのでちゃんとした食事からおやつまでいろいろ楽しめます。

あと、この中のトイレはこの周囲では一番きれいです。

ニコニコマルシェの向かいには、村田英雄さんの『王将』、鳥羽一郎さんの『兄弟船』などを手掛けた作曲家・船村徹さんの記念館があります。演歌ファンの人にはこちらの見学もおすすめ。

日光街道ニコニコ本陣を、来た時とは反対側の日光街道側に出て右に曲がり、不二家さんの前の信号を渡ります。

信号を渡って左に行くと、お酒好きの人へのおすすめの寄り道スポット。天保13年=1842年創業の酒蔵・渡邊佐平商店さんがあります。

天保13年は水戸偕楽園が開かれた年です。

渡邊佐平商店さんは、銘酒日光誉の蔵元さんです。

内部にはお酒の直売所があります。

また、予約制で酒蔵の見学もできます。ただ、2020年9月現在酒蔵見学は感染症予防のため2名~6名までの少人数のみが受け付けられています。

詳しくは渡邊佐平商店さんの公式サイトhttp://www.watanabesahei.co.jpをチェックしてください。

さて、不二家の前の横断歩道を渡ると正面にスーパーかましんなどが入っているショッピングプラザ日光があります。

入口前には湧き水。安全のため置いてある柄杓は使わず、コップなどを持参して飲むのがいいでしょう。

ショッピングプラザ日光の3階には、書店と100円ショップがあります。

旅行中に必要なガイドブック、地図、雑貨などの調達はこちらで。ここの100円ショップはPayPay利用可能です。

ショッピングプラザ日光を突っ切って裏口から出て左に向かいます。

正面に建設中なのは「日光ランドマーク」(仮称)。これができるとショッピングプラザ日光が移転することになっています。

移転後、ショッピングプラザ日光跡地には病院ができるのでそうなったらもうショートカットには使えないですね。

目の前の白い家の手前で右折します。

交差点をさらに直進。

突き当りを左折します。

一見行き止まりっぽいですがまっすぐ行きます。

すると、なんでこんなところに?って感じで唐突に遊歩道が始まります。

人工ではありますが小川のせせらぎを聞きながら遊歩道を進んでいきます。

車道に出たら右折。

右折してちょっと行けばJR今市駅です。

寄り道ルートは、こんな行き方もありますよという一例なので、これを参考に他のところにも寄り道してみてください。

今市が単なる日光と鬼怒川の分岐点ではないというのを知ってもらえると幸いです。

タイトルとURLをコピーしました